インフラエンジニアも人間じゃない?

インフラエンジニアの備忘録

モバイルバッテリーの規制強化、規制前の今買うのは危険!?

どうも、こんばんは。
インフラエンジニアの僕ですが今回はインフラエンジニア的な事とは無関係な記事です。すみません。

その理由はこちらです。
nell17world.hatenablog.com

モバイルバッテリーの事故が多発しているため販売等に規制がかかるというわけですね。
「規制されたら高くなるかもしれないから安い内に買っておこう!」
そう考える人もいるかもしれませんが、それは大きな間違いです。

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(nite)の以下の資料を見てみましょう。

http://www.nite.go.jp/jiko/chuikanki/press/2017fy/prs170727.html
http://www.nite.go.jp/data/000086042.pdf
f:id:seioe:20180204215223p:plain

見てわかる通り、モバイルバッテリーによる事故が多発していますね。

今後、規制対象になると「PSE法」の基準を満たしていないものは販売できなくなりますが、
現在販売されているモバイルバッテリーはPSE法の基準外の危険なモバイルバッテリーもあるということです。

例えばこちらです。
item.rakuten.co.jp

楽天デイリーランキングで1位になった製品のようですが、
ページを見た限りではPSEマークの取得はしていないようです。

このような製品はPSEマークを取得している製品に比べ、危険である可能性が高いでしょう。
モバイルバッテリーを購入する際は、値段だけでなくPSEマーク等の安全性も考慮すべきですね。

参考動画
www.youtube.com

vMAのパスワードポリシーを変更しないでパスワードを変える & アカウントがロックアウトされた時の解除方法

vMAのパスワードポリシー変更(pam関係のファイル変更)をせずにパスワードを変更する手順です。

続きを読む

ESXi 6.0 U3 + APC BR550S-JP + vMA 6.0.0.1 で電源管理

200年ぶりのブログです。

タイトルの通りESXi 6.0 U3 + BR550S-JP + vMA 6.0.0.1 で電源管理ができるようになったのでまとめておきます。

環境

  • 適当なPC(USBポートがあること)
  • APC BR550S-JP
  • VMware vSphere Hypervisor (ESXi) 6.0 U3
  • vMA 6.0.0.1
続きを読む

Windowsでディスク・パーティションをマウント・アンマウントするバッチ

100年ぶりのブログです。

バックアップのために2本のディスクをfast copyで定期的にミラーするようにしたんですが、
バックアップ側のディスクが普段邪魔だし、バックアップもろともソフト側で消し飛ばす可能性もあるので、普段はアクセスできないようにしたい。

Linuxなんかだととりあえずumount叩いとけばいいんじゃないのかという感じですがWindowsだとどうすりゃいいのか。

続きを読む

ノートパソコンの内蔵キーボードを無効化する

ググったらいっぱい出てきますけど忘れそうなのでメモ
コマンドプロンプトを管理者として実行し、以下のコマンドを実行。(レジストリ変更)


無効化
reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\i8042prt /v Start /t REG_DWORD /d 4 /f

有効化
reg add HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\services\i8042prt /v Start /t REG_DWORD /d 1 /f

Mastodonのインスタンスで登録できるユーザを限定する

流行りにのってMastodon(のインスタンスを立て)はじめました。

今のところ身内限定で登録して使いたいなあと思っていましたが、どうやら登録時のメールドメインぐらいでしか登録を絞る方法がなさそうだったので少し困りました。

結果としてはリバースプロキシで特定のURLのアクセスにBasic認証をつけることで、登録ページのみBasic認証が必要になるように変更しました。

続きを読む

Internetが遅い・やたら固まる時に[0-9]+発で解決する方法

こんばんは。真のインフラエンジニアのあいうえおです。

 

何もしていないのにインターネッツが遅い時ありますよね。

オンラインゲームガチ勢ならマジファックではぁ萎えたわって感じになると思います。

 

そんな時は以下の方法を試しましょう。

 

なお、回線速度の測定には

速度測定システム Radish Networkspeed Testing

がオススメです。

続きを読む